• 田中歯科診療時間
  • 田中歯科への地図

医療機関概要

  • 大阪府歯科医師会
  • 警察協力会員
  • 大阪市労災指定医療機関
    (第2722836)
  • 大阪市歯周疾患検診指定
    医療機関
  • 企業歯科検診協力医療機関
  • 日本口腔衛生学会
    予防歯科医 相談窓口

滅菌への取り組み

消毒・滅菌へのこだわり

消毒・滅菌

安心安全な医療を受けていただくためには感染予防対策は必須です。
当院では滅菌・感染予防・保管に最大限の注意を払っております。

使用後の器具の洗浄と滅菌処理

洗浄中の写真

1.器具類を洗浄します。

水洗いを行った後、専用の洗剤で洗浄します。


洗浄中の写真2

2.超音波洗浄を行います

超音波洗浄を行う事で、細菌や微細な汚れを落とします。


滅菌パック

3.再び水洗いを行い、
 乾燥後、滅菌パックをします。

滅菌パック


高圧蒸気滅菌器

4.高圧蒸気減菌器で滅菌します。

132度、2気圧の高圧蒸気で約20分間滅菌することにより、全ての殺菌・微生物は死滅します。


滅菌灯

5.各保管場所に保管します。

滅菌後は、治療に使用する直前まで、常時滅菌灯の点いた滅菌箱に入れて保管します。


歯を削る器具に対する当院の取組み

2014年5月18日の読売新聞の記事に、「歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性がある」と報じられました。

田中歯科医院では、歯を削る器具も滅菌先進国ドイツ(Kavo社)の規格に乗っ取り、滅菌を行っています。

治療が終了したのちの治療器具はアルコールにて除菌を行いながら、診療ユニットより取り外します。


取り外された器具
右手: タービン(歯を削る機械)
左手: コントラ(詰め物や入れ歯などを調整するときに用いる)


次に、各種感染症を引き起こす細菌やウイルスに有効なディスオーパ消毒薬にて化学的殺菌・消毒を行います。


その際、流水下での洗浄に加えて超音波洗浄器も併用し、細部に付着した汚れを落とします。


機器の内部洗浄、注油を自動で行うクワトロケア(Kavo社製)にて、内部に残っている汚れを取り除きます。


最後に、滅菌パックされた状態で、ステインティム900J(Kavo社製)により、滅菌処理を行います。この処理によって、 すべての細菌・ウイルスを死滅させることができます


◎マニュアルに沿って滅菌を行っています

この一連の作業は、滅菌先進国であるドイツ Kavo社 の規格に乗っ取って行われています。

→Kavoホームページ メンテナンスシステム

田中歯科医院 職種別専用マニュアル


DA(デンタルアシスタント)マニュアル
【附属】 DA作業統一マニュアル に器具別の滅菌方法、滅菌機器の特徴、薬剤の効能と使用方法など詳しく内容が記載されており、全スタッフが知識の共有を図っておりますのでご安心ください。


ディスポーザブル(使い捨て)を使用しています

ディスポーザブル

エプロン・うがい用コップはもちろん、手袋もディスポーザブルのものを用い、患者さんごと交換しています。

ディスポーザブル

切削器具も一つ一つパックしています。

スリッパの殺菌を常時行っています

スリッパ殺菌

紫外線を当てることで、スリッパを常に殺菌しています。
上部のボタンを押すと、滅菌されたスリッパが下から出てきます。
お帰りの際は、上部からスリッパをご返却ください。
スリッパも定期的に交換しております。


WEB予約イラスト

予約の変更、取得が簡単にできる
「WEB予約システム」をご用意しております。

24時間いつでもご予約が可能で、 予約日・時間を事前に患者様の携帯・PCにお知らせする利点がございます。 簡単な手順で登録する事ができますので、どうぞご活用ください。

WEB診療予約ページへ